板橋区 下赤塚 心療内科 赤塚メンタルクリニック 適応障害

適応障害について

適応障害とは、新たな社会環境にうまく慣れることが出来ず、抑うつ気分、不安感、不登校、職場不適応、出勤拒否、対人トラブルなど、さまざまな症状や問題が現れて、社会生活に支障をきたす疾患です。
特に、就学、転校、就・転職、職場での配置転換や転勤、結婚・離婚、近親者との死別といった身の回りの大きな環境変化があって、その新たな環境への適応を迫られた際に発症するケースが多いと言われます。
適応障害は、誰にも起こり得るような環境変化のストレスによって、予想以上に精神的ダメージを受けた状態であり、その背景には、周囲のサポート不足や本人の精神的な脆弱性が関与していると考えられています。

適応障害の主な症状

情緒的な症状

不安、抑うつ、イライラ、悲壮感、過敏、混乱、気力・思考力・集中力の低下、攻撃的になる など

身体症状

不眠、食欲不振、動悸、過呼吸、全身倦怠感、頭痛、肩こり、腹痛 など

問題行動

遅刻、欠勤、早退、仕事の停滞、怠学、過剰飲酒、ギャンブル中毒、ひきこもり など

適応障害の原因

適応障害の原因となるストレスは、人によりさまざまです。就学、就・転職、結婚・離婚といった環境変化や人間関係などによってストレスを感じ、大きな負担がかかってしまうと、症状が現れるようになります。
仕事関係の原因で発症する方が多いのですが、生活リズムが乱れたり、人間関係での悩みが解消されずに長期化していることなども、発症の原因となりえます。

適応障害の治療

まずは、ストレス因子を除去するように環境を整えることや、場合によってはしばらくの間、休職などによって休養をとり、心のエネルギーを回復させることが重要です。
また一方では、適応能力を高めることも大切です。ストレスが完全に消えて無くなったとしても、本人のストレスへの対応力(ストレス耐性)が低ければ、また違ったストレスに直面したときに適応障害を発症してしまう危険性が高いからです。
不安や不眠などに対してはベンゾジアゼピン系の薬、うつ状態に対しては抗うつ薬を使うこともあります。ただし適応障害の薬物療法は「症状に対して薬を使う」対症療法になり、根本的な治療ではありません。つまり適応障害の治療は薬物療法だけではうまくいかないことが多いため、環境調整やカウンセリングが重要になっています。

診療内容

  • モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です